メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

「有機EL」を正しく説明できますか? いま話題のワケと波乱万丈の歴史を総ざらい(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

【有機EL(ゆうきいーえる)】とは、「有機エレクトロルミネッセンス」の略で、有機化合物に電圧をかけると光を放つ物理現象を応用した発光素子。主にテレビやスマホなどのディスプレイに活用されています。高いコントラスト比によって、深く沈みこんだ黒が再現できるほか、色の再現性に優れているのが特徴。省電力で超薄型化が可能なのもメリットです。

 

ソニーの再参入で再び注目を浴びる次世代ディスプレイ方式

有機ELは、1980年代にブラウン管に続く次世代ディスプレイ候補として検討されましたが、量産化が難しく、長らく製品化されることはありませんでした。2007年、ソニーが世界初の11型有機ELテレビ「XEL-1」を20万円で発売。その画質は高く評価されましたが、製造コストの高さや大型化の難しさなどから後続機が出ることはなく、2014年、国内で最後まで開発に取り組んでいたソニー、パナソニックが事業から撤退しました。

↑ソニーの初の有機ELテレビ「XEL-1」↑世界初のソニーの有機ELテレビ「XEL-1」。最薄部は約3mmで、100万:1以上の高コントラスト比を誇りました

 

しかし、近年になって韓国のLGが大型有機ELパネルの量産に成功。国内メーカーでは東芝、パナソニックが同社からパネルを購入し、相次いで有機ELテレビの製造に参入しています。

 

そして2017年の5月8日には、一度は撤退したソニーが有機ELテレビに再参入するというニュースが報じられ、話題になりました。東芝はすでに3月に4K有機ELテレビ「レグザ X910」を発売し、パナソニックも4K有機ELテレビを6月に国内で初めて発売する予定(欧州ではすでに販売済み)。2017年は「有機ELテレビ元年」になるとの声が上がっています。

↑ 4K有機ELテレビ ブラビア(R) 『KJ-65A1↑ソニーの 4K有機ELテレビ「ブラビア KJ-65A1」(6月10日発売・実売予想価格86万3870円)

 

↑東芝の4K有機ELテレビ「レグザ55X910」↑東芝の4K有機ELテレビ「レグザ 55X910」(実売価格64万1330円)

 

【一言まとめ】

有機ELは、高コントラスト比の美しい映像を再現できるディスプレイで、省電力、超薄型化が可能。国内メーカー3社の参入で市場が活性化しつつある。

【関連記事】
もう不快な音に悩まされない! 海外で話題沸騰の「スマート耳栓」で必要な音だけ聞ける生活に
U-2000円でお手軽! スポーツ時の汗が気にならない防滴イヤホン「E3」
有機EL以外のブラビアこそ狙い目!? 液晶テレビの2017年モデルに注目すべし!
ソニー“ブラビア”初の大画面有機ELテレビが魅せる究極の体験とは!? 55型・50万円から
【レビュー】高音質スマホからステップアップに! 機能と音質のバランスが取れたハイレゾプレーヤー「OPUS#3」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. トランプ氏の大相撲観戦 国技館内外でピリピリ 当日券販売は通常の半分に
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです