メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ絆駅伝

出場1600人に声援

一斉にスタートする選手たち=インドネシア・ジャカルタで2017年5月14日午前6時半、和田大典撮影

 【ジャカルタ平野光芳】インドネシアと日本のランナーが友好のたすきをつなぐ「ジャカルタ『絆』駅伝2017」(毎日新聞社、コンパス紙主催)が14日、ジャカルタ中心部の約11キロのコースであった。地元の日系企業・団体などで働く日本人と現地スタッフら約1600人が出場し、言葉や文化の壁を越えて絆を深め合った。

 午前6時半(日本時間同8時半)、インドネシア観光省やジャカルタ特別州政府の幹部、石井正文・駐インドネシア大使らの合図でスタートした。チームは4人1組で全てインドネシア人と日本人の混成。ジャカルタを拠点に活動するタレントの仲川遥香さん(25)や、インドネシアでも人気のお笑いコンビ「COWCOW」もゲストとして走り、沿道から盛んな声援を受けていた。

 参加したパニン・第一ライフの馬場亮輔さん(27)は「1カ月前にインドネシアに赴任したばかりだが、駅伝の練習を通じて同僚と早く仲良くなれた」と話した。表彰式には「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界的にヒットしたピコ太郎さんも登場し、両国の友好をテーマにした特別版のPPAPを披露した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです