メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山岳遭難

ヘリ救助中に落石か、男性死亡 山梨

丹波山村

 14日午後1時50分ごろ、山梨県丹波山(たばやま)村の小室川で、県警ヘリコプター「はやて」が、遭難した男性を引き上げる救助活動をしていたところ、現場の急斜面に石や樹木が落下した。男性は意識不明の状態で救出され、甲府市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。落下した石などが直撃したとみられ、近くにいた警察官2人もけがをした。県警は業務上過失致死の疑いも視野に捜査を始めた。

 県警地域課によると、死亡したのは横浜市在住の40代男性とみられる。男性が使っていた車が同村内の林道で見つかり、県警上野原署が同日午前9時から小室川付近を捜索していた。男性は救助前、駆け付けた同署員に「左足首をけがした」と訴えており、応答できる状態だったという。

 県警によると、ヘリは現場上空でホバリング(空中停止)中で、斜面では地域課山岳救助隊と同署員計8人が救助していた。風の影響を避けるため、ヘリがホバリングの位置を変えた後に落石が起きたという。事故の経緯について、県警は「石や樹木が現場に落下した原因や男性に当たったかどうかは捜査中」としている。

 生活安全部の鶴田孝一部長は「救助活動中に遭難者が亡くなったことは誠に残念。原因を早急に解明したい」とコメントした。

 救助関係のヘリが起こした事故では、2010年7月、埼玉県の防災ヘリが転落した女性を救助中に墜落し、搭乗員のうち5人が死亡。今年3月、長野県の消防防災ヘリが救助訓練中に墜落し、消防隊員ら搭乗員9人全員が死亡した。【滝川大貴、井川諒太郎】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
  2. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
  3. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]