メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

川上弘美さん 「あわい」人間関係表現 短編集『ぼくの死体をよろしくたのむ』

川上弘美さん=丸山博撮影

 恋人や家族、ご近所や同僚との付き合い、その背景にある愛情や名誉欲、金銭欲。一般的に私たちの人間関係は、これらに規定されている。「でも、確固とした関係ってあるんでしょうか? 言葉ではまとめられない『あわい』にあるものを書きたいと思いました」と、作家の川上弘美さん。解放感あふれる短編小説18本から成る『ぼくの死体をよろしくたのむ』(小学館)を著した。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです