メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

川上弘美さん 「あわい」人間関係表現 短編集『ぼくの死体をよろしくたのむ』

川上弘美さん=丸山博撮影

 恋人や家族、ご近所や同僚との付き合い、その背景にある愛情や名誉欲、金銭欲。一般的に私たちの人間関係は、これらに規定されている。「でも、確固とした関係ってあるんでしょうか? 言葉ではまとめられない『あわい』にあるものを書きたいと思いました」と、作家の川上弘美さん。解放感あふれる短編小説18本から成る『ぼくの死体をよろしくたのむ』(小学館)を著した。

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです