いばらきスポーツワールド

春季高校野球県大会を振り返って 県内勢力図に変化 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
春季関東地区高校野球県大会の結果
春季関東地区高校野球県大会の結果

 第69回春季関東地区高校野球県大会(県高野連主催)は、3季連続で決勝に進出した明秀日立が霞ケ浦を6-0で降して初優勝した。明秀日立の台頭に加え、ノーシードの県立高2校が4強入りして春季関東地区高校野球大会(20日開幕)への出場を決めるなど、県内勢力図の変化を感じさせる大会になった。【川崎健】

明秀日立の台頭

 常総学院は春夏合わせて25回甲子園に出場し、2003年夏には全国制覇した県内一の名門校だ。しかし今大会は2回戦で明秀日立に0-7の七回コールド負けした。

 明秀日立は、光星学院(現・八戸学院光星)=青森県=を春夏合わせて8回甲子園に導いた金沢成奉(せいほう)氏が12年に監督就任し、めきめきと力をつけてきた。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文986文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい