メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

葵祭

新緑の中 王朝絵巻、目前に /京都

新緑の下鴨神社・糺の森を進む葵祭の行列=京都市左京区で、小松雄介撮影

 王朝絵巻を一目見ようと、約5万人が訪れた葵祭。京都市は15日、26・8度と6月上旬並みの最高気温を記録したが、時折、心地よい風が吹く中、総勢約500人の行列は、新緑の「糺(ただす)の森」や加茂街道など約8キロの道のりを練り歩いた。下鴨神社(左京区)と上賀茂神社(北区)では、神前で厳かに「社頭の儀」が営まれた。【宮川佐知子、磯野健一、国本ようこ】

 祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)は、同志社大2年、富田紗代さん(19)=京都市左京区=が務め、終始にこやかに大役に臨んだ。

この記事は有料記事です。

残り1386文字(全文1625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです