わかやま愛ダホ!

「多様な性」理解求める 県内外の性的少数者ら20人 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プラカードを手に性の多様性への理解を求める参加者たち=JR和歌山駅前で、木原真希撮影
プラカードを手に性の多様性への理解を求める参加者たち=JR和歌山駅前で、木原真希撮影

 多様な性に理解を求めるイベント「わかやま愛ダホ!」が14日、和歌山市のJR和歌山駅前であった。県内外の性的少数者(LGBT)ら約20人がスピーチやチラシ配布を通じて、さまざまな性のあり方を認め合う大切さを訴えた。

 NPO法人「チーム紀伊水道」(和歌山市)が主催。世界保健機関(WHO)が1990年5月17日、同性愛を精神疾患リストから外し…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集