メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま愛ダホ!

「多様な性」理解求める 県内外の性的少数者ら20人 /和歌山

プラカードを手に性の多様性への理解を求める参加者たち=JR和歌山駅前で、木原真希撮影

 多様な性に理解を求めるイベント「わかやま愛ダホ!」が14日、和歌山市のJR和歌山駅前であった。県内外の性的少数者(LGBT)ら約20人がスピーチやチラシ配布を通じて、さまざまな性のあり方を認め合う大切さを訴えた。

 NPO法人「チーム紀伊水道」(和歌山市)が主催。世界保健機関(WHO)が1990年5月17日、同性愛を精神疾患リストから外し…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです