メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耐震診断

過去最多 民間住宅、補助利用 昨年度575件、熊本地震が影響 /香川

香川県の民間住宅耐震対策支援事業の状況

 民間住宅の耐震診断や耐震改修を県などが補助する事業の利用者が昨年度、過去最多となった。昨年4月の熊本地震で木造家屋が倒壊する映像が報道されたことも影響したとみられる。県などは今年度も診断や改修を県民に促す。

 県住宅課によると、県の補助対象は1981年5月以前の旧耐震基準で建てられた住宅。耐震診断には一般的に10万円程度の費用がかかるが、国や自治体の補助が計9万円まで受けられる。

 昨年度、建築士らが住宅の倒壊の恐れを調べる耐震診断には575件の利用があった。6月には107件と月…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです