メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰霊祭

口蹄疫再発防止誓う 殺処分発生から7年 県立農大 /宮崎

慰霊碑に献花する県立農業大学生

 2010年5月16日に口蹄疫(こうていえき)の発生が確認された県立農業大学校(高鍋町持田)で15日、殺処分された実習用飼育牛とヤギ計220頭の慰霊祭があり、学生ら150人が再発防止を誓った。「被害の記憶を継承しよう」と学校が11年から主催し、今年で7回目。

 隣接する県の「口蹄疫メモリアルセンター」では、後藤俊一校長が「自然に対する謙虚さや防…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. VOICES 「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国
  5. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです