メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
変革

第3部 大和証券/17 女性活躍、第2段階へ

商品について説明する溝呂木(右)。女性の活躍の場は広がっている=根岸基弘撮影

 大和証券本店資産コンサルタント課課長代理、溝呂木美恵子(32)は毎朝、午前7時10分に自宅を出る。長男(4)を近くの保育園に預け、電車に飛び乗る。東京・丸の内の本店に着くのは午前8時半。既に始まっている朝会に滑り込む。午前9時に東京市場が開くと株価の推移を見極めながら客に電話をかける。「この株を買ってみませんか」。午後は取引のある企業経営者らを訪問して商品を提案。会社に戻り事務作業をしているともう午後5時半だ。溝呂木の夫は自営業。多忙なため、子どもの送り迎えは溝呂木の役割だ。慌てて荷物をまとめ、長男と小学校1年生の長女(6)のもとへと急ぐ。

 長女、長男の育児休職を連続で2年半取得したが、大和の育休期間は3年と長く「会社には言いやすかった」…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1161文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  5. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです