メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第3部 大和証券/17 女性活躍、第2段階へ

商品について説明する溝呂木(右)。女性の活躍の場は広がっている=根岸基弘撮影

 大和証券本店資産コンサルタント課課長代理、溝呂木美恵子(32)は毎朝、午前7時10分に自宅を出る。長男(4)を近くの保育園に預け、電車に飛び乗る。東京・丸の内の本店に着くのは午前8時半。既に始まっている朝会に滑り込む。午前9時に東京市場が開くと株価の推移を見極めながら客に電話をかける。「この株を買ってみませんか」。午後は取引のある企業経営者らを訪問して商品を提案。会社に戻り事務作業をしているともう午後5時半だ。溝呂木の夫は自営業。多忙なため、子どもの送り迎えは溝呂木の役割だ。慌てて荷物をまとめ、長男と小学校1年生の長女(6)のもとへと急ぐ。

 長女、長男の育児休職を連続で2年半取得したが、大和の育休期間は3年と長く「会社には言いやすかった」…

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1161文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです