メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

金メダリスト村田諒太・世界戦/上 日本人王者過去1人 強豪居並ぶミドル級

 2012年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が20日、東京・有明コロシアムで世界ボクシング協会(WBA)同級王座決定戦に挑む。13年のプロ転向後、初の世界戦に向け「一歩踏み出す勇気」と意気込みを記した村田。王座を獲得すれば、日本選手では五輪メダリスト初の世界王者、22年ぶり2人目の同級王者が誕生する。ミドル級の世界戦の難しさと村田の4年間に焦点を当てる。【岩壁峻】

 過去に日本選手のミドル級世界王者は1人しかいない。日本選手初挑戦でWBA王座を獲得した竹原慎二さん…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1070文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです