大学入試新テスト実施案

英語、全都道府県で複数回

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文部科学省は16日、大学入試センター試験に代えて2020年度に始める新共通テストの実施方針案を公表した。英語は民間検定試験を活用し、全都道府県で1年に複数回実施する。民間業者には低所得世帯の受験生の検定料を減免するよう求める。国語と数学で導入する記述式問題は、マークシート式と同じ時間内に実施して3問程度ずつ出題し、採点は全て民間に委託する。

この記事は有料記事です。

残り1238文字(全文1410文字)

あわせて読みたい

注目の特集