メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙

医療費3231億円 14年度・厚労省推計

受動喫煙による医療費推計

 たばこを吸わない人が受動喫煙によって、肺がんなどになり余計にかかった医療費は2014年度の1年間で約3231億円にのぼることが、厚生労働省の研究班の推計で明らかになった。

 研究班は国の検討会が16年度に発表した「たばこ白書」で、受動喫煙と病気との因果関係が「十分ある」とされる肺がん、虚血性心疾患、脳卒中の3疾患について分析。職場や家庭での受動喫煙を考慮し、40歳以上の患者数や、喫煙の有無による病気のなりやすさなどを基に推計した。

 その結果、受動喫煙によって肺がんになるのは約1万1400人で約335億円、虚血性心疾患は約10万1400人で約955億円、脳卒中は約12万9600人で約1941億円だった。また受動喫煙による疾患で、患者が入院治療した場合、仕事の欠勤などによる生産性損失は年間約821億円だった。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです