メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

細田派に「四天王を作りたい」

(左から)稲田朋美氏、松野博一氏、下村博文氏

稲田防衛相、松野文科相、下村博文氏の3人の名前挙げる

 安倍晋三首相は15日夜、東京都内で父の故晋太郎元外相をしのぶ会に出席した。出席者によると、首相は自らの出身派閥・細田派に関し「『四天王』を作りたい」と述べ、稲田朋美防衛相、松野博一文部科学相、自民党の下村博文幹事長代行の3人の名前を自ら挙げた。自らに続く同派の実力者の育成に意欲を示した形だ。

 同派は晋太郎氏が領袖(りょうしゅう)時代、森喜朗元首相、三塚博元蔵相、塩川正十郎元財務相、加藤六月元農相の4人の実力者で「安倍派四天王」を構成した。【遠藤修平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民 「死ねば…」の暴言も 豊田真由子衆院議員が離党届
  2. ネット音声公開 豊田議員?「私の心をたたいている…」
  3. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
  4. ネット音声公開 男性に罵声「違うだろ」 豊田議員か
  5. 鳥取県 フジテレビ番組で「事実誤認」と意見書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]