メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

細田派に「四天王を作りたい」

(左から)稲田朋美氏、松野博一氏、下村博文氏

稲田防衛相、松野文科相、下村博文氏の3人の名前挙げる

 安倍晋三首相は15日夜、東京都内で父の故晋太郎元外相をしのぶ会に出席した。出席者によると、首相は自らの出身派閥・細田派に関し「『四天王』を作りたい」と述べ、稲田朋美防衛相、松野博一文部科学相、自民党の下村博文幹事長代行の3人の名前を自ら挙げた。自らに続く同派の実力者の育成に意欲を示した形だ。

 同派は晋太郎氏が領袖(りょうしゅう)時代、森喜朗元首相、三塚博元蔵相、塩川正十郎元財務相、加藤六月元農相の4人の実力者で「安倍派四天王」を構成した。【遠藤修平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市議 政活費を返還 今井絵理子氏の参院選応援か
  2. 記者の目 小林麻央さんからの「伝言」=三輪晴美(生活報道部)
  3. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  4. 変革 第4部 セブン&アイHD/15 聖域にメス 揺れる社員
  5. ホリプロ 仮処分申請 松居一代さんの行為巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]