メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「何の現象ですか」虹のような光の輪「日暈」

太陽を囲むように発生した光の輪=福岡市中央区で2017年5月15日午後0時47分、徳野仁子撮影

 福岡市で15日、太陽を囲むように虹のような光の輪ができる「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が見られた。同市中央区では午後1時前に確認された。

     気象庁によると、日暈は上空数千メートルにできた上層雲をつくる氷の結晶に太陽の光が反射、屈折して発生する。薄い雲が太陽の周辺にかかった時に見えることがある。福岡管区気象台には日暈を見た人から「何の現象ですか」などと問い合わせの電話が相次いだという。

     日暈は天気が下り坂になる前兆ともいわれているが、気象台によると九州は16日もおおむね晴れる見込み。【山下俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. くらしナビ・ライフスタイル 減らぬ大阪市の生活保護受給 本当の課題とは
    2. 認知症無理心中 老老介護の末 遺書に「じいじ、ごめん」
    3. ファンキー末吉さん JASRACを「不当」と上申書
    4. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    5. フィンランド 通行人刺され2人死亡 男拘束、8人搬送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]