写真集

「琵琶湖を巡る鉄道」 草津出身・清水さんが初出版 湖西線中心に200点 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
初出版した写真集を手にする鉄道写真家・ライターの清水薫さん=滋賀県高島市の琵琶湖周航の歌資料館で、塚原和俊撮影
初出版した写真集を手にする鉄道写真家・ライターの清水薫さん=滋賀県高島市の琵琶湖周航の歌資料館で、塚原和俊撮影

 草津市出身で同市在住の鉄道写真家・ライターの清水薫さん(53)が鉄道写真集「琵琶湖を巡る鉄道」を出版した。「湖西線と10路線の四季」と副題を付け、湖国のJRや民鉄計11路線を網羅している。A5判128ページ、2376円。県内を中心に主な書店で販売中。

 清水さんは「県内では湖西線が最も魅力的で私のライフワーク」と話し、掲載写真約200点の半分は湖西線が舞台。「比良山系、琵琶湖、北部の雪景色や…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集