メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災少女、地域に勇気 市民集会、堂々と経験語る 市川・光円寺で安らぎと笑顔 /兵庫

渥美藍さん(中央)は、光円寺で母美紀さん(左)、後藤由美子さん(右)と語り合うことで安らぎを覚えている=兵庫県市川町で、嶋谷泰典撮影

 東日本大震災により福島県で被災し、放射線被害を逃れて市川町甘地の光円寺を頼って避難してきた17歳の少女=姫路市船津町=が、避難後4年目の生活を迎えている。心身ともに不調を感じながらも市民集会などに参加して、地元の人たちから「私らがこの子から勇気をもらっている」と歓迎されている。【嶋谷泰典】

 福島県郡山市立薫小5年だった渥美藍さんは大震災発生当時、校内にいた。揺れがどんどんひどくなってロッカーが倒れ、水槽が落ちて割れ、興奮した教師が「最後に会いたい人の名前を呼び合おう」と言うと、多くが「お母さん」と叫び、パニック状態になったという。

 その後、約60キロ離れた福島原発事故の被害が拡大し、母美紀さん(43)は疎開を考えた。ただ、同級生…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1025文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです