メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
近影遠影

高橋一清・あの日あの人/100止 松本三四郎 メキシコで百姓魂 /島根

 松本三四郎さんは、明治25(1892)年東京に生まれ、昭和54(1979)年メキシコで亡くなった。私は、晩年の10年間、親しく交わり口述をもとに自叙伝「メヒコで百年」を編述した。

 松本さんは、庭師として中南米に渡った父を連れ戻すため、17歳のとき日本を後にした。父は、江戸時代に大名屋敷の庭を築いたが、維新後の日本には腕を揮(ふる)う場はなく、中南米の金山や銀山の持ち主の庭を造っていた。

 メキシコで父とめぐり合ったが、借金があり、訴えられていて国外に出るわけにいかない。そのうち革命の騒…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1346文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです