メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/100止 松本三四郎 メキシコで百姓魂 /島根

 松本三四郎さんは、明治25(1892)年東京に生まれ、昭和54(1979)年メキシコで亡くなった。私は、晩年の10年間、親しく交わり口述をもとに自叙伝「メヒコで百年」を編述した。

 松本さんは、庭師として中南米に渡った父を連れ戻すため、17歳のとき日本を後にした。父は、江戸時代に大名屋敷の庭を築いたが、維新後の日本には腕を揮(ふる)う場はなく、中南米の金山や銀山の持ち主の庭を造っていた。

 メキシコで父とめぐり合ったが、借金があり、訴えられていて国外に出るわけにいかない。そのうち革命の騒…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです