ふるさと納税

阿久根市ミス 「特例制度」手続き遅れ /鹿児島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 阿久根市は15日、ふるさと納税をした人の確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」で、2016年分の対象者784人(寄付額1090万円)の手続きが遅れ、このうち106人(同145万円)が特例を受けられなくなるミスがあったと発表した。

 ワンストップ制度は、ふるさと納税を受けた自治体が、申請した寄付者が住む自治体に税を控除…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

ニュース特集