メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「痛みに耐える」を考える

芝田山親方(元横綱・大乃国)=東京都墨田区で2017年4月21日午後2時6分、飯山太郎撮影

 大相撲春場所でけがを押して逆転優勝を果たした新横綱・稀勢の里。「スポーツ根性もの」は過去の遺物と言われて久しいが、痛みに耐えて試練に立ち向かう姿は今も見る者に深い感銘をもたらす。一方、6人に1人が慢性の痛みを抱える日本だが、「痛みの治療」は遅れている。私たちにとって「痛み」や「我慢」とは。

横綱に情け無用、気力で戦える 芝田山康 大相撲・芝田山親方(元横綱・大乃国)

 私が春場所の最終盤を稀勢の里と同じ状況で迎えていても出場したと思う。新横綱で優勝できるチャンスは一…

この記事は有料記事です。

残り4323文字(全文4557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです