メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏独首脳会談

独、EU改革で仏支援 新規共同事業で合意

 【ベルリン中西啓介、パリ賀有勇】マクロン仏大統領は15日夕(日本時間16日未明)、ベルリンを訪問し、メルケル独首相と就任後初の首脳会談を行った。両首脳は欧州連合(EU)と単一通貨ユーロ圏の改革に関する「ロードマップ」(行程表)を作成し、英国離脱問題で揺れるEUをけん引していく決意を表明。メルケル氏はマクロン氏が唱えるEU条約改正を伴う改革案にも理解を示し、フランス新政権の実績づくりに向けて全面的に支援する姿勢を示した。

 会談後の記者会見で、メルケル氏は「欧州が順調にいくには、強いフランスがなくてはならない」と語り、独…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文902文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです