メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一歩踏み出す勇気

金メダリスト村田諒太・世界戦/中 マッチメーク至難 ミドル級、世界の強豪集結

 ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=の世界初挑戦は4月3日に発表された。「正式決定は前日(4月2日)。試合が決まったこと自体大変なことだ」。元世界王者で所属ジムの浜田剛史代表は記者会見で、ミドル級の世界戦線に立つことの難しさを口にした。

 パワーとスピードが求められるミドル級は欧米選手の主戦場で選手層が厚く、体格で劣る日本選手は不利とされる。実際、竹原慎二の1996年の初防衛失敗以降、日本ボクシングコミッション(JBC)の認定団体の世界戦で日本選手は5連敗中だ。国際ボクシング殿堂入りしたマッチメーカーのジョー小泉さんは「欧米では従来、日本選手は対抗馬と考えられてこなかった」と説明する。

 名王者が多いのも特徴の一つだ。「ハーンズ(米国)やトリニダード(プエルトリコ)のように、右ストレー…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1089文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです