メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

日本勢脅かす18歳…今季W杯2勝

W杯で今季2勝目を挙げ、表彰式で笑顔を見せるガルンブレト(中央、左が2位の野口、右が3位の野中)=東京都八王子市で2017年5月7日、手塚耕一郎撮影

ヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)

 2020年東京五輪の追加競技、スポーツクライミングで金メダル獲得を狙う日本女子の強力なライバルが現れた。今月、東京都八王子市で開催されたボルダリングのワールドカップ(W杯)第4戦で今季2勝目を挙げたヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)だ。リードを得意とし、今季からボルダリングにも本格参戦する18歳。高い身体能力で、野口啓代(あきよ)=茨城県連盟=や野中生萌(みほう)=東京都連盟=ら日本のトップと互角以上の争いを繰り広げている。【田原和宏】

 五輪では登る高さを競うリード、登る課題の数を争うボルダリング、登る速さで勝負するスピードの3種目の…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文893文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです