メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中関係

改善の機運 二階氏、習氏と会談

 【北京・水脇友輔、浦松丈二】自民党の二階俊博幹事長は16日、北京の釣魚台迎賓館で習近平・中国国家主席と会談した。安倍晋三首相の親書を手渡し、習氏も日中関係の改善に意欲を示した。日中間の経済的な協力が不可欠との認識が双方に広がっていることに加え、挑発的な行動を続ける北朝鮮への対応で首脳を含めた両国の連携が必要との考えが関係改善への動きを後押ししている。

 「両国関係は新たなチャンスに直面している。チャレンジにも対応しなければならない。歴史をかがみに未来…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです