メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乗員4人全員の死亡確認

墜落したと見られる自衛隊機の捜索に向かう自衛隊員=北海道北斗市で2017年5月16日午前8時27分、梅村直承撮影

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)所属の双発プロペラ機LR2が北海道北斗市の山中に墜落した事故で、防衛省は16日午後6時過ぎ、乗員4人全員の死亡を確認したと発表した。

 自衛隊や道警、地元消防は同日、約1700人態勢で捜索を実施。午前10時40分ごろ、陸自機が消息を絶った北斗市の袴腰山(616メートル)から東3キロの山中で、機体の一部を発見した。午後2時前までに乗員4人を見つけ、陸上自衛隊函館駐屯地に搬送されたが、いずれも心肺停止状態だった。

 墜落した陸自機は緊急搬送が必要な患者を函館空港で収容するため、15日午前11時23分に札幌市の丘珠空港を離陸。同48分ごろ、函館空港の西約33キロ、高度約900メートルで管制官との連絡が途絶えた。【真貝恒平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上野動物園 パンダ赤ちゃん、体長47.9センチ
  2. 夏の高校野球 延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出
  3. 出産 高嶋政伸さんに第1子男児
  4. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
  5. 特集ワイド 田原総一朗さん、「政治生命を懸けた冒険」って? 「ミサイル」解決へ首相は動く 対北朝鮮、月内にもアクション

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]