メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳牛の放牧始まる 94頭、牛舎から牧草地へ

牛舎から勢いよく駆け出す乳牛たち=福井県奥越高原牧場で2017年5月16日、岸川弘明撮影
おいしそうに草をはむ乳牛=福井県奥越高原牧場で2017年5月16日、岸川弘明撮影

 福井県の勝山市と大野市にまたがる県奥越高原牧場で16日、乳牛の放牧が始まった。冬場を牛舎で過ごした牛たちは広い牧草地で、おいしそうに草をはんでいた。

     牧場は六呂師(ろくろし)高原の標高400~700メートルの傾斜地にあり、県内の酪農家に乳牛を供給するため、子牛から約2年間、妊娠させて乳が出るようになるまで飼育。丈夫な牛に育つよう、例年5~11月に約150ヘクタールの牧草地で放し飼いしている。

     この日放牧されたのは生後4カ月~2年の94頭。牛舎の柵が開かれると、牛たちは勢いよく駆け出し、体に駆虫剤を塗布された後、牧草地に誘導された。半年ぶりの牧草地が恋しかったのか、喜ぶように跳びはねる牛もいた。

     桝田靖憲場長は「牧草も順調に伸びている。健康に過ごしてほしい」と話していた。【岸川弘明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女性遺体 集合住宅の空き家で発見 神戸
    2. 大相撲夏場所 目標の賜杯に届かず 高安3敗目
    3. 宮里藍引退へ 「年下なのに早い」一夜明けても惜しむ声
    4. サッカーU20W杯 日本、堂安のゴールで1点返す
    5. 朝食 「心身によい」小中学校でパン、バナナ提供 福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]