メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日下武史さん死去 劇団四季創立メンバー、旅行先のスペインで(スポニチ)

 劇団四季の創立メンバーの一人で、重厚な演技と知的な語り口で知られた俳優の日下武史(くさか・たけし、本名孟=たけし)さんが15日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため旅行先のスペインで死去した。86歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで営み、後日お別れの会を開く。

     1953年に浅利慶太氏らと劇団四季を結成。翻訳劇を中心に古典から現代劇まで幅広く出演した。外部出演も数多く、柔軟な物腰が醸し出す独特の存在感で高い評価を受けた。代表作に「エクウス」「ハムレット」「ヴェニスの商人」「ひかりごけ」などがある。

     映画では「南極物語」「まあだだよ」などに出演。テレビの人気ドラマ「アンタッチャブル」のエリオット・ネス役の吹き替えや、数々のナレーションでも親しまれた。96年に紫綬褒章、2002年に旭日小綬章を受けた。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 傷害容疑 「歩きスマホが悪い」と体当たり、女性が重傷
    4. 阪神電鉄 駅ホームから転落、特急にはねられて男性死亡
    5. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]