メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台評

五月花形歌舞伎 勘九郎、立ち回り爽快

 大阪松竹座の五月花形歌舞伎は市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助の人気花形の顔合わせ。大いににぎわっている。

 昼は「戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)」から。駕籠(かご)をかついで来た次郎作(勘九郎)と与四郎(中村歌昇)が、乗せてきた初々しい禿(かむろ)たより(中村児太郎)と廓(くるわ)の様子を踊る。精悍(せいかん)な次郎作、優しげな与四郎が対照的で、その正体は石川五右衛門、真柴久吉という面白い趣向。

 続く「金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)」は清姫と藤原忠文(いずれも猿之助)の物語が軸。猿之助…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです