メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台評

五月花形歌舞伎 勘九郎、立ち回り爽快

 大阪松竹座の五月花形歌舞伎は市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助の人気花形の顔合わせ。大いににぎわっている。

 昼は「戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)」から。駕籠(かご)をかついで来た次郎作(勘九郎)と与四郎(中村歌昇)が、乗せてきた初々しい禿(かむろ)たより(中村児太郎)と廓(くるわ)の様子を踊る。精悍(せいかん)な次郎作、優しげな与四郎が対照的で、その正体は石川五右衛門、真柴久吉という面白い趣向。

 続く「金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)」は清姫と藤原忠文(いずれも猿之助)の物語が軸。猿之助…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです