メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 指定廃棄物、協定なくても搬入 副環境相方針 楢葉町長は容認 /福島

伊藤忠彦副環境相(左)が指定廃棄物の搬入を始める方針を松本幸英町長(右奥)に伝えた=楢葉町役場で

 伊藤忠彦副環境相は17日、楢葉町で松本幸英町長と面会し、福島第1原発事故に伴う県内の指定廃棄物を富岡町で最終処分する計画について、搬入路となる楢葉町の地元行政区との安全協定が結べないままでも、廃棄物の搬入を始める方針を伝えた。時期については「できるだけ早く進めたい」と述べるにとどめたが、一昨年9月の避難指示解除で生活再建を進める住民には不安も広がる。【乾達】

 面会で松本町長は「行政区と安全協定を締結後に進めることが条件ではないものの、望ましく、引き続き丁寧に進めてほしい」と述べる一方、昨年6月に町として安全協定を結んだ経緯から「搬入時期は国の判断」と容認姿勢を示した。鈴木正晃副知事も同席した。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 欧州ニュースアラカルト 「記録的な熱波は始まりに過ぎない」 ポルトガルの若者が欧州人権裁判所に提訴

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです