メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故車の修理

遠隔地から指示 世界初のシステム開発へ 神奈川トヨタなど /神奈川

遠隔地の工場へ破損箇所の鮮明な情報を送ることができる超小型4Kカメラ(手前)

衝突部の触診感覚伝送/4Kカメラで鮮明画像

 神奈川トヨタなどのKTグループ(上野健彦会長兼社長)は、遠隔地の工場で自動車の衝突部位の状態を触りながら鮮明に確認できる「遠隔自動車触診システム」を開発すると発表した。体への接触情報を再現する技術と、伝送性・衝撃性に優れた超小型4Kカメラを組み合わせた世界初のシステムで「従来にない顧客サービスや人材開発を可能にする」という。

 4月に本社で開いた「KTグループが今実現したいこと展」には関連約70社約200人が参加。「買い手」…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  5. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです