メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故車の修理

遠隔地から指示 世界初のシステム開発へ 神奈川トヨタなど /神奈川

遠隔地の工場へ破損箇所の鮮明な情報を送ることができる超小型4Kカメラ(手前)

衝突部の触診感覚伝送/4Kカメラで鮮明画像

 神奈川トヨタなどのKTグループ(上野健彦会長兼社長)は、遠隔地の工場で自動車の衝突部位の状態を触りながら鮮明に確認できる「遠隔自動車触診システム」を開発すると発表した。体への接触情報を再現する技術と、伝送性・衝撃性に優れた超小型4Kカメラを組み合わせた世界初のシステムで「従来にない顧客サービスや人材開発を可能にする」という。

 4月に本社で開いた「KTグループが今実現したいこと展」には関連約70社約200人が参加。「買い手」…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文815文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです