メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿学生野球

春季リーグ 和大初V 選手ら「神宮で旋風を」 /和歌山

優勝を祝って帽子を投げ上げる和歌山大の選手ら=大阪市住之江区の南港中央球場で、矢倉健次撮影

 近畿学生野球連盟の春季リーグ戦で17日、1950年のリーグ加盟後、悲願の初優勝を果たした和歌山大は、地方国立大としての困難を克服し、新たな一歩を刻んだ。この日は奈良学園大との一戦を4-0で制し、第66回全日本大学野球選手権大会(6月5日から神宮球場など)出場も決めた。選手は「自分たちの野球で旋風を」と闘志を燃やしている。

 関西で京阪地区以外の国公立大が全国大会に出場するのは初めて。和歌山大は今季、リーグ15連覇中だった…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです