メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿学生野球

春季リーグ 和大初V 選手ら「神宮で旋風を」 /和歌山

優勝を祝って帽子を投げ上げる和歌山大の選手ら=大阪市住之江区の南港中央球場で、矢倉健次撮影

 近畿学生野球連盟の春季リーグ戦で17日、1950年のリーグ加盟後、悲願の初優勝を果たした和歌山大は、地方国立大としての困難を克服し、新たな一歩を刻んだ。この日は奈良学園大との一戦を4-0で制し、第66回全日本大学野球選手権大会(6月5日から神宮球場など)出場も決めた。選手は「自分たちの野球で旋風を」と闘志を燃やしている。

 関西で京阪地区以外の国公立大が全国大会に出場するのは初めて。和歌山大は今季、リーグ15連覇中だった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです