メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿学生野球

春季リーグ 和大初V 選手ら「神宮で旋風を」 /和歌山

優勝を祝って帽子を投げ上げる和歌山大の選手ら=大阪市住之江区の南港中央球場で、矢倉健次撮影

 近畿学生野球連盟の春季リーグ戦で17日、1950年のリーグ加盟後、悲願の初優勝を果たした和歌山大は、地方国立大としての困難を克服し、新たな一歩を刻んだ。この日は奈良学園大との一戦を4-0で制し、第66回全日本大学野球選手権大会(6月5日から神宮球場など)出場も決めた。選手は「自分たちの野球で旋風を」と闘志を燃やしている。

 関西で京阪地区以外の国公立大が全国大会に出場するのは初めて。和歌山大は今季、リーグ15連覇中だった…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです