メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

捜査中止要請 議会「独立調査を」 露疑惑深刻に

 【ワシントン高本耕太】米メディアは16日、トランプ大統領が連邦捜査局(FBI)のコミー前長官を解任する前、ロシア側との不適切な接触で辞任したフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の捜査をやめるよう要請したと報じた。政権のロシアを巡る疑惑が深刻さを増す中、議会からは司法妨害について独立捜査を求める声が上がっている。

 報道によると、フリン氏が辞任した翌日の2月14日、トランプ氏はホワイトハウスの大統領執務室でコミー氏に対し、「捜査を手放してくれないか。きっぱりと終わりにしてほしい。フリンはいい人間だ」と語った。コミー氏は「フリン氏がいい人だとは分かっている」とだけ答えた。トランプ氏はメディアへの情報漏えいに不満を表し、機密情報を報じた記者を投獄すべきだとも主張したという。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです