メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
メディアの風景

開かれた社会への道=武田徹

 従来のソーシャルメディアはソーシャル(社会)に向けて開かれず、仲間同士が相互にフォローしあう共同体を内部に作る傾向が強かった。こうした閉じた共同体内では客観的基準に照らした検証が進みにくく、流言や虚報の温床となりがちだ。結果としてそこでは「フェイク(偽)ニュース」が影響力を持ち、労働力のグローバルな移動を拒んだ英国の欧州連合(EU)離脱や米国のトランプ政権誕生といった、やはり国家という共同体に閉じようとしたナショナリズム再興の流れを後押しした。

 ならば最新のソーシャルメディアとして注目を集めている「マストドン」はどうか。マストドンのプログラム…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文943文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです