メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

開かれた社会への道=武田徹

 従来のソーシャルメディアはソーシャル(社会)に向けて開かれず、仲間同士が相互にフォローしあう共同体を内部に作る傾向が強かった。こうした閉じた共同体内では客観的基準に照らした検証が進みにくく、流言や虚報の温床となりがちだ。結果としてそこでは「フェイク(偽)ニュース」が影響力を持ち、労働力のグローバルな移動を拒んだ英国の欧州連合(EU)離脱や米国のトランプ政権誕生といった、やはり国家という共同体に閉じようとしたナショナリズム再興の流れを後押しした。

 ならば最新のソーシャルメディアとして注目を集めている「マストドン」はどうか。マストドンのプログラム…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです