メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

開かれた社会への道=武田徹

 従来のソーシャルメディアはソーシャル(社会)に向けて開かれず、仲間同士が相互にフォローしあう共同体を内部に作る傾向が強かった。こうした閉じた共同体内では客観的基準に照らした検証が進みにくく、流言や虚報の温床となりがちだ。結果としてそこでは「フェイク(偽)ニュース」が影響力を持ち、労働力のグローバルな移動を拒んだ英国の欧州連合(EU)離脱や米国のトランプ政権誕生といった、やはり国家という共同体に閉じようとしたナショナリズム再興の流れを後押しした。

 ならば最新のソーシャルメディアとして注目を集めている「マストドン」はどうか。マストドンのプログラム…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文943文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]