メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

開かれた社会への道=武田徹

 従来のソーシャルメディアはソーシャル(社会)に向けて開かれず、仲間同士が相互にフォローしあう共同体を内部に作る傾向が強かった。こうした閉じた共同体内では客観的基準に照らした検証が進みにくく、流言や虚報の温床となりがちだ。結果としてそこでは「フェイク(偽)ニュース」が影響力を持ち、労働力のグローバルな移動を拒んだ英国の欧州連合(EU)離脱や米国のトランプ政権誕生といった、やはり国家という共同体に閉じようとしたナショナリズム再興の流れを後押しした。

 ならば最新のソーシャルメディアとして注目を集めている「マストドン」はどうか。マストドンのプログラムは公開され、誰もが「インスタンス」と呼ばれるサーバーを立ち上げられる。出身地域や趣味を同じくする人たちが集まって個別にインスタンスを作り、同質的な共同体を形成することをマストドンは初めから想定しているのだ。

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです