メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

高安、冷静に4連勝 稀勢2敗目

首投げで御嶽海を降した高安(奥)=丸山博撮影

 白鵬と日馬富士は危なげなく白星を重ね、4連勝は御嶽海を退けた高安も含め、早くも3人となった。日馬富士は幕内通算勝利数を683とし、歴代10位の元関脇・高見山に並んだ。稀勢の里は遠藤に押し込まれて初めて金星を配給して2敗目、鶴竜は嘉風に力なく敗れて3敗目を喫した。カド番の豪栄道は2勝目を挙げた。

 =十両勝負=

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです