メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト

石綿残留、最大8万棟 小規模建物、使用実態を調査へ 国交省推計

 延べ床面積1000平方メートル未満のアパートなど比較的小規模な全国の民間建築物約130万棟のうち、吹き付けのアスベスト(石綿)が現在も使われているものが約6万~8万2000棟あるとする初めての推計結果を、国土交通省が17日公表した。うち2万3000~3万棟は対策が取られていないとみられ、同省は飲食店やホテルなど利用者の多い建築物を優先し、石綿の使用実態を調べる。

 吹き付けの石綿はむき出しのままでは飛散しやすく、吸い込んだ場合は健康被害の恐れがある。1000平方…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです