メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト

石綿残留、最大8万棟 小規模建物、使用実態を調査へ 国交省推計

 延べ床面積1000平方メートル未満のアパートなど比較的小規模な全国の民間建築物約130万棟のうち、吹き付けのアスベスト(石綿)が現在も使われているものが約6万~8万2000棟あるとする初めての推計結果を、国土交通省が17日公表した。うち2万3000~3万棟は対策が取られていないとみられ、同省は飲食店やホテルなど利用者の多い建築物を優先し、石綿の使用実態を調べる。

 吹き付けの石綿はむき出しのままでは飛散しやすく、吸い込んだ場合は健康被害の恐れがある。1000平方…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文522文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. 第100回全国高校野球 大阪大会、来月7日開幕 南北の2地区で /大阪
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]