メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子犬は所有者に返還 閉園へ方針 高知

営業休止となる「とさいぬパーク」=高知市浦戸で2017年5月11日午後1時45分、松原由佳撮影

 営業終了が決まった高知市の「とさいぬパーク」(旧土佐闘犬センター)を運営している「とさいぬ保存登録協会」(同市)は18日、施設内で飼育している土佐犬について、子犬は元の所有者に返し、成犬は別の飼育場所の確保を目指す方針を明らかにした。

 パークでは現在、土佐犬の成犬と子犬計約10頭を複数の所有者から預かり、飼育している。協会は「具体的処置は協議中。そんなに長い時間はかけない。犬にとって良い方向に進める」としている。

 パークは高知市の観光名所・桂浜にある。債務返済が滞り、破産手続き開始決定を受けている。高知地裁から建物を明け渡すよう求められており、19日に営業を終える。【松原由佳】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性遺体 集合住宅の空き家で発見 神戸
  2. 大相撲夏場所 目標の賜杯に届かず 高安3敗目
  3. 宮里藍引退へ 「年下なのに早い」一夜明けても惜しむ声
  4. サッカーU20W杯 日本、堂安のゴールで1点返す
  5. 朝食 「心身によい」小中学校でパン、バナナ提供 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]