メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染土

再利用の実証実験 環境省が公開 福島・南相馬

 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用に向けた実証実験を福島県南相馬市で報道陣に公開した。今後、汚染土を他の土で遮蔽(しゃへい)した高さ約5メートルの盛り土を造成し、約1年間かけて定期的に放射線量を計測した上で、安全性が確認できれば公共事業などでの利用を促す。

 実験は放射性物質濃度が1キロ当たり3000ベクレル以下の汚染土を使い、同市小高区の水田に設けた汚染土の仮置き場で実施。汚染土を詰…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです