メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染土

再利用の実証実験 環境省が公開 福島・南相馬

 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た汚染土の再利用に向けた実証実験を福島県南相馬市で報道陣に公開した。今後、汚染土を他の土で遮蔽(しゃへい)した高さ約5メートルの盛り土を造成し、約1年間かけて定期的に放射線量を計測した上で、安全性が確認できれば公共事業などでの利用を促す。

 実験は放射性物質濃度が1キロ当たり3000ベクレル以下の汚染土を使い、同市小高区の水田に設けた汚染土の仮置き場で実施。汚染土を詰…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです