メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市市議 飲酒運転同乗で事故 市議会でも調査へ

 三重県四日市市の土井数馬市議(62)が飲酒した知人女性の運転する車に同乗していた問題で、市議会は17日、議員倫理検討調査会を設け、事実関係を調べることを決めた。22日に初会合を開く。

     豊田政典市議会議長は17日、土井氏から直接、経緯の説明を受けた。議会事務局によると、土井氏は「4月18日夜、用件先で1人で酒を飲んだ。帰宅の際に知人女性から『車で送る』と言われ、女性の飲酒を知らずに同乗した。女性が物損事故を起こした際は眠っていたため気づかなかった」と説明した。

     豊田氏は記者会見して「警察の見解もあり、現時点で事実関係は把握できないが、市民の不安にも配慮して自主的にできる限り調べたい」と述べた。

     捜査関係者によると、県警は土井氏が女性と一緒に飲酒した上で同乗したとみており、2人を近く道路交通法違反容疑で津地検四日市支部に書類送検する。【松本宣良、井口慎太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コンビニ ファミマが弁当「忖度御膳」 その忖度とは
    2. 大阪 「子供4人産み、家に遺体」中年女性が交番訪れ申告
    3. 特集ワイド 貧困が奪う、子どもの学び 安倍政権5年目の今、考えたい 無償化に改憲必要ない
    4. ボクシング 南海キャンディーズのしずちゃん弟がプロ合格
    5. パンダ 生後160日のシャンシャン 体重10キロ超える

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]