メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

60歳の的場騎手が7000勝達成 史上2人目

的場文男騎手=共同

 地方競馬の的場文男騎手(60)は17日、川崎市の川崎競馬場で行われた第11レースで1着となり、史上2人目の地方通算7千勝を達成した。最多は佐々木竹見元騎手の7151勝。(いずれも中央、海外の勝利数を除く)

     的場騎手は福岡県出身で、昨年9月に還暦を迎えた国内で現役3番目の年長騎手。1973年にデビューし、地方競馬全体での年間最多勝に2度輝くなど、昨年まで32年連続100勝以上をマークした。主戦場の大井競馬では年間最多勝を21回獲得し「大井の帝王」と呼ばれている。

     中央競馬では武豊騎手(48)の3893勝(地方、海外の勝利数を除く)が史上最多勝利記録。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女性遺体 集合住宅の空き家で発見 神戸
    2. 大相撲夏場所 目標の賜杯に届かず 高安3敗目
    3. 宮里藍引退へ 「年下なのに早い」一夜明けても惜しむ声
    4. サッカーU20W杯 日本、堂安のゴールで1点返す
    5. 朝食 「心身によい」小中学校でパン、バナナ提供 福岡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]