メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツボランティア

3万人目指す NPOが映像教材作製

2015年のリオ五輪テストイベントで、沿道から女子トライアスロンの選手たちに大きな声をかけるボランティア=小川昌宏撮影

 スポーツに特化したボランティア資格を国内で唯一認定するNPO法人・日本スポーツボランティアネットワーク(JSVN)と早大が協力し、ボランティア養成の映像教材を初めて作製する。2019年にラグビーのワールドカップ日本大会や20年東京五輪・パラリンピックなどイベントが続くため、講習会を受けやすくして、20年までに3万人の養成を目指している。【小林悠太】

 JSVNが養成を目指しているスポーツボランティアは、大会などイベントだけ参加する不定期活動を想定し…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです