メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希少な外食

「レアめし」店舗情報を共有 アレルギー対応や介護食

 食物アレルギーがある人や介護食が必要な高齢者、乳幼児を持つ親など、外出先での食事に不安を抱える人のために「希少な外食」に対応する店舗情報を共有するサービスが23日にスタートする。外出をためらう人を支援する取り組みだ。【渡辺精一】

 特定非営利活動法人Check(チェック)(東京都)が運営するサービス「レアめし~チェック・ア・フード」(www.raremeshi.com/)。「誰もが外食できる情報の共有」をテーマに個人のクチコミや飲食店からの情報を登録・更新し、全国データベースをつくる。食物アレルギー対応▽ベジタリアン▽離乳食▽きざみ…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです