メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空き家対策

リフォーム金利優遇 八戸市、3金融機関と協定 /青森

空き家活用に関するパートナーシップ協定に調印した小林真市長(左から2人目)と3金融機関の代表者=八戸市役所で

 社会問題化している空き家対策の一環として、八戸市は18日、青森銀行、みちのく銀行、青い森信用金庫の3金融機関と、リフォームなど空き家活用に関するパートナーシップ協定を締結した。

 協定によって、市が所有者に認定書を出した空き家で、リフォームや解体などを行う際の融資に対して金利を低減する優遇措置がとられる。市は「空き家を活用し安全安心な町づくりと、地域経済の活性…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

  3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです