メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小高病院

遠隔診療 南相馬・県内初、スマホで会話 /福島

タブレット端末を使った模擬診療で、医師の質問に答える桜井勝延市長=南相馬市小高区の市立小高病院で

 南相馬市小高区の市立小高病院は18日、通院が困難な患者がスマートフォンやタブレット端末で医師の診察を受けることができる遠隔診療を始めた。インターネットを使う遠隔診療は、全国の医療過疎地などで試行されているが、東京電力福島第1原発事故後、医療人材の不足が深刻化する県内での導入は初めてという。

 院内であった式典では、桜井勝延市長が患者役になり、模擬診療を受けた。別室にいる小高病院の藤井宏二医師がタブレット端末を通じて体調を尋ね、「お酒は控えめに…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです