特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米大統領選

露政府介入疑惑 真相解明へ 米、特別検察官を任命

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン岩佐淳士】米司法省は17日、ロシア政府による米大統領選介入疑惑の捜査を指揮する特別検察官に元連邦捜査局(FBI)長官のロバート・モラー氏を任命した。捜査対象には、トランプ大統領陣営とロシア側が共謀したかも含まれる。強力な権限を持つ特別検察官の登場で、「ロシア疑惑」の真相解明は新たな段階に入った。

 トランプ氏は任命を受けた声明で「私の選挙活動で外国との共謀はなかったことが改めて確認される。結果が早く出ることを望む」としていたが、翌18日にはツイッターで「米国史上、最大の政治家の魔女狩りだ」と不満をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文401文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集