メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

中東・欧州歴訪へ 識者の話

リスク回避狙う 中山俊宏氏 慶応大教授(米国政治外交)

 最近は米大統領が初めての外遊でカナダやメキシコを訪れ、「隣人」にあいさつすることが外交のパターンとなっていた。ところが、トランプ米大統領は国境間の壁建設問題でメキシコとの関係を悪化させただけでなく、カナダとの関係も通商問題で難しくなっている。これらの国を訪れれば、抗議デモが発生し、大々的に報じられてしまう可能性もある。初の外遊でそうした事態を避けたいと思うのは当然だろう。

 トランプ氏は善かれあしかれ、米国史上、最も関心を集めている人物といっても大げさではない。世界は初外…

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです