メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

目は臆病、手は鬼=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

御手洗瑞子さん=竹内紀臣撮影

 宮城県気仙沼市で手編みものの会社を経営している。編み手は地域の女性たちだ。彼女たちは大変そうな仕事を前にするとよく「目は臆病、手は鬼」と言う。この地域に伝わる格言である。あまりの作業量に気おくれしそうなときも、ひとたび手を動かすと、手はもくもくと働き続け、いつの間にかやり遂げる。だからおじけづかずにまず手を動かそうという意味だ。山のようなカキの殻をむく、梅干しを漬けるため何十キロ分も梅のヘタを取るなど、暮らしの中にはさまざまな手仕事がある。そんな作業にかかるとき、笑顔で言うのだ。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです