自殺死亡率

日本6位 先進国で最悪レベル 厚労省分析

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は世界各国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を比較し、日本はワースト6位だとする分析結果をまとめた。先進国の最悪レベルで、特に女性は同3位と高い。今月下旬に閣議決定される「自殺対策白書」で公表される。

 自殺死亡率は統計の信頼性や更新頻度が国によって異なるため単純な比較が難しく、世界保健機関(WHO)が2014年に初めてまとめた「世界自殺リポート」でも順位付けはしていない。厚労省はWHOのデータベースを使い、13年以降の人口と自殺者数が把握できている中から上位国を抽出した。

 日本の14年の自殺死亡率は19・5で、アジアでは世界ワースト2位の韓国の次に高い。男性(27・7)は同12位、女性(11・7)は韓国、スリナムに続き同3位。主要8カ国(11~14年)との比較では、ロシアの21・8に次いで高かった。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文846文字)

あわせて読みたい

注目の特集