メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー

形さまざま、みんなチョコ 3Dプリンター作製

3Dプリンターで作られたさまざまな形のチョコレート=ベルギー中部ジャンブルーで2017年5月17日午後3時6分、八田浩輔撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】有名チョコレートメーカーがひしめくベルギーで、大学がチョコを出力する3Dプリンターの開発を進めている。型抜きなどでは難しかった複雑な形状に仕上げることができ、昨年末には初めてプリンターで作製した商品が大手メーカーから限定発売された。

     リエージュ大スマート・ガストロノミー研究所は、チョコを0.2ミリずつ何層にも重ねて立体的に創作する技術を開発。チョコを使う3Dプリンターは市販もされ始めていたが、同大学のものは、チョコが流れて型崩れしないように作れる傾斜の角度などに優位性があるという。

     大手メーカー「ガレー」は昨年末にクリスマス限定で研究所のプリンターで作製したツリー形の商品を100個限定で発売。高さ約15センチで作製には一つあたり2時間半程度必要だった。

     研究所では出力を速められるように材料となるチョコのレシピの開発も進める。またチーズなど他の食品でも3Dプリンターでの出力に最適な条件を探っている。

     ドロテ・ゴファン所長は「チョコレートメーカーが創造の幅を広げることが可能になる。個人にあわせた商品開発も進むだろう」と話す。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
    2. 大川小津波訴訟 遺族、2審も勝訴「事前防災に不備」
    3. 希望・民進 四分五裂 新党は不参加続出、立憲派も根強く
    4. 同性カップル パートナーに「遺産を」 45年同居、相続求め親族を提訴 大阪地裁
    5. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]