メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痴漢疑い恐れ逃走、容疑の男逮捕 川口

 埼玉県川口市のJR川口駅のホームから線路に飛び降りたとして県警川口署は18日夜、自称さいたま市浦和区領家6、無職、大塚聡容疑者(35)を鉄道営業法違反の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、大塚容疑者は電車内で隣の女性とトラブルになっており「痴漢の犯人にされると勘違いしてパニックになり逃げた」などと話し、容疑を認めている。

     逮捕容疑は同日午後10時20分ごろ、JR川口駅で京浜東北線上りの線路内に立ち入ったとしている。同署は威力業務妨害容疑に切り替えて送検する予定。

     同署によると、下りの電車内で大塚容疑者が居眠り中、手に持っていた飲み物が隣の女性の服にかかり、トラブルになった。大塚容疑者が同駅で降りると女性も降りたことから、痴漢を疑われて女性に追い掛けられていると勘違いして逃げたという。

     線路に飛び降りた後、線路脇の高さ約1.8メートルのフェンスをよじ登って駅東口方面に逃走。しかし数分後、南東に約200メートル離れたビル敷地内で、逃走を目撃し追い掛けていたJR関連会社の駅清掃員に取り押さえられた。【鈴木拓也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
    2. AV 普通のイヤホンが「ほぼワイヤレスイヤホン」に! コードが邪魔にならない便利オーディオグッズ(GetNavi web)
    3. 松尾貴史のちょっと違和感 赤色灯・サイレンなしで取り締まり 警察車両もスピード違反では?
    4. 時代の風 「分煙」が不可な本当の理由=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員
    5. 社説 「加計学園」問題で新証言 もう怪文書とは言えない

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]