メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共謀罪

国会緊迫、ヤジと怒号 場内は立ち見出る混雑

国会前で「共謀罪反対」を訴える人たち=東京都千代田区で2017年5月19日午前10時21分、佐々木順一撮影

 「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案は19日午前、衆院法務委員会で審議のヤマ場を迎えた。金田勝年法相の不信任案の提出と否決を挟んで再開された同日の審議は、採決を前提とした質問を繰り出す与党議員に対し、民進党などの野党側はヤジも含めて反発。「採決強行」を目前に、場内と国会前はピリピリとした雰囲気に包まれた。【遠藤拓、島田信幸】

 衆院分館2階の第14委員室前。金田法相は午前9時の開会の約2分前、ゆったりとした足取りで姿を見せた。前日に野党提出の不信任案が退けられたせいか、余裕の表情もうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです